D303の気ままに撮影紀行

私「D303」が気ままに撮影した写真を公開するブログです

DD51原色三昧

こんばんは、

またまた愛知機関区のDD51の話題でございます。(=∀=)
今年に入ってから852号機や853号機がそろそろ危ないと聞いてから
特に四日市へ行く頻度が高くなったおります。
これからしばらくはDD51中心の記事が増えそうです。

何気なく運用表とにらめっこしているとどうやら852号機がセメント貨物の運用に
入りそうです。これはできることなら撮影したいなと思いながら、他にも見てみると
運用通りにいけば5263レに1805号機、2089レ~183レに853号機が入るのが濃厚な模様です。
これはあわよくば富田で852号機と853号機の原色機同士の並びが撮れるかも・・・。
現役稼働中の原色機3両がすべて運用に入るのもそんなにあることではないので
これは行かねばと思いましたが、天気予報を見てみるとなにやら怪しげな感じ。
まぁ、最悪降らなきゃ何とかなるかなということで何とか都合つけて行ってきました。

この日は、珍しく伊勢湾岸道路を使いちょっと気持ち遅めに家を出て、四日市へ
あまりにもスイスイ行け過ぎて、普段、下道で行っていたのがなんだかえらいアホらしく感じました。
こんなことなら次からは伊勢湾岸で行くことも考えてみても良いのかも。(゚∀゚)
十一屋~庄内新川橋の渋滞に引っかからないだけでも随分と気楽になりますね。
みえ川越ICで降りて、国道23号線を西へと走ります。ただ四日市へ近づくにつれて徐々に
混んできて、完全に渋滞にはまりました。この辺りの渋滞は避けようがないですね。
とりあえずは、1805号機が入るであろう5263レを撮影すべく塩浜方面へ。

撮影地に着いて、待つこと10分弱、踏切が鳴り、やってきました。
DSC_1365.jpg
5263レ DD51-1805+1028+タキ 関西線 四日市~塩浜
1805号機の先端がちょっと薄雲の陰の中に入ってしまいました。
ただそこまで酷い影ではないので、何とか許容の範囲内です。
影を除けば満足のいくカットが撮影できて、良かったです。
ある程度、運用を予測していたとはいえ、原色から撮影スタートとは幸先良い感じです。
撮影後、ささっと移動して、塩浜での入換を撮影することに。

DSC_1398.jpg
5263レ(停車中) DD51-1805+1028+タキ 関西線 塩浜貨物駅
こちらではスッキリとした青空の下、順光で撮影。
流石に原色機が先頭とあってこちらでは、チラホラと同業の方の姿も。

時間となり入換が始まりました。
DSC_1408.jpg
入換中 DD51-1805+1028 関西線 塩浜貨物駅

ササッと移動して跨線橋からも撮影します。
DSC_1430.jpg

サクッと移動してこちらも。
DSC_1418.jpg
停車中 DD51-1803 関西線 塩浜貨物駅
この日は6287レの運転があったようです。
スノープラウ装備の1803号機が充当されていました。

この後も埼玉からいらっしゃったという同業の方と談笑しながら入換作業を見学。
そして入換作業も一旦、終わり1805号機+1028号機も小休止。
DSC_1437.jpg
四日市らしく煙突と絡めて撮影。

この後セメント貨物撮影のため、四日市港へと移動。
少々、画像枚数が今回は多いので続きは、続きを読むよりご覧ください(=゚ω゚)ノ

原色機が充当されていると思われますので、撮影者が何名かいらっしゃるかもと思い
余裕を持って、ちょっと気持ち早めに現地入り。着いてみると機回し線側は誰も居ない(゜_゜;)
途中、可動橋付近には、3人ほど見えたので、どうだろうと思いましたが、拍子抜けです。
この日は、雲が多く、太陽が隠れたり、出てきたりで、ヤキモキしながら待つこと20分。
列車接近警告音が鳴り響き、DD51が姿を見せました。
DSC_1446.jpg
やりました。運用通り原色機の852号機です。何とか太陽も出て陰ることもなさそうです。

まずは、望遠でドカンと撮影。
DSC_1457.jpg
563便 DD51-852+タキ1900 四日市港支線 四日市港
やりました!曇ることなく順光で撮影できました。o(^▽^)o

更に引いてもう一枚。
CSC_1464.jpg
雲が多く、列車の来る直前まで曇っていただけにどうなることやらとヒヤヒヤしましたが
何とか、順光で撮影できて、本当に良かったです。

ササッと移動して
DSC_1469.jpg
セメントタキの切り離し作業を見学。

またまた移動してこちら側へ
DSC_1482.jpg
左:DD51-852、右:DD511+タキ1900
お馴染みのスイッチャーとの並びもまぁ、何とか撮影。

DSC_1483.jpg
そして太平洋セメントのスイッチャーが黒煙を吹きながら動き出しました。

スイッチャーが居なくなったので、DD51単独でも記録します。
DSC_1485.jpg
他にも同業者が居た関係で思うような構図で撮影できず、やむを得ず横から撮影。

そして発車を見届け、後を追い、自分も四日市駅へ
前回同様、逆光ながら停車中も撮影します。
DSC_1496.jpg
5362レ DD51-852+タキ1900 関西線 四日市駅

これまた同様に2085レがやってくるので駅近くで、お手軽撮影。
DSC_1506.jpg
2085レ DD51-1801+コキ 関西線 富田浜~四日市
ちょうど太陽が隠れ、曇ってしまいました。晴れれば前面だけとはいえ、陽が当たるので
ちょっぴり残念ですが、こればかりは仕方がないですね。
ただこの時辺りからちょいちょい雲が増えてきて、天気予報通り、お昼前後はあまり芳しくない
妙な天候となってまいりました。

この後、いつも通りのカーブで5362レや5282レを撮影しようかと思いましたが、イマイチ気乗りせず。
というのも富田駅での原色機同士の並びがほぼ確定的となっていまして、それを間違いなく撮るなら
やはり早めに富田駅近辺へと行った方がよいのではと思い、5362レや5282レは最悪、撮れずとも
この際、いいかなということで一気に富田駅近くまでやってきました。
最初は、網勘踏切の近くで撮ろうかと思い、行ってみたのですが、どうも気が乗らない。
とりあえず5282レは撮れずともやむなしとしても、5362レは、入換でも見られればと思い、富田駅の踏切へ

DSC_1513.jpg
5362レ DD51-852+タキ1900 関西線 富田浜~富田
これまたお手軽な撮影ですが、まぁ、記録ということで・・・。
入換を見るべく駅の方へと周ります。ただ手前側にまたもやタキが停めてあり、とても撮影は不可。
なんとなく動いている姿を見学し、撮影者も誰も居ないので、一旦、切り上げ休憩のため、イオンへ
イオンでちょろっと買い物して出てくると。まさかの雨が降り出していました。
しかも思ったより雨足が強く、ちょっとこれだけ降ってきていると撮影する気が失せてきます。
とりあえず車の中で、休憩しつつ様子見。
何とか2089レ到着の10分前くらいには、雨も弱まり、晴れ間も見え始めたので、踏切へと移動。

踏切が鳴り、遠目にDD51のライトが見えました。
あまりスッキリ撮影できる場所ではありませんが、何とか隙間から入線を望遠で撮影。
DSC_1528.jpg
2089レ DD51-853+コキ 関西線 富田駅 ※敷地外より撮影
障害物を避けきれずにちょろっと左上に入っちゃってますが、記録程度には十分な出来です。
望遠ならそこそこ綺麗に抜けるので、次からは障害物はしっかり避けたいところです。
撮影しているとそこへちょうど朝方、塩浜でお会いした方が到着。
結果的には、自分含め3人だけのまったりとした撮影でした。

2089レ到着から7分ほどで、まずは、三岐鉄道の機関車と並びます。
DSC_1533.jpg
左:DD51-853(2089レ)、右:三岐鉄道 ED5082+ED5081?
何でも右のED5082は、割と最近になって運用され始めた釜らしく珍しいのだとか
あまり詳しくはわかりませんが、何だかラッキーでした。

そして本命です。
DSC_1543.jpg
左:DD51-853(2089レ)、右:DD51-852(5365レ) ※傾き修正済み
上りの普電が遅れていたのか、中々、踏切が開かずヒヤヒヤしましたが何とか撮影できました。
いやはや、まさかDD51原色同士の並びが、それも853号機と852号機の並びが撮影できるとは・・・。
あまり天候はよろしくありませんでしたが、ここへ来ておいて良かったです。

撮影後、移動して2089レと5365レを撮影しても良かったんですが、どのみち天気は怪しいし、
晴れたらどうしても側面が潰れてしまうので、こちらはスルーして、四日市へと戻ります。

四日市へ到着すると2089レが既に到着しており、ちょうど入換作業が始まりました。
入換作業を見学しつつ、入換中の853号機をちょっとばかし撮影。
DSC_1575.jpg
入換中 DD51-853 関西線 四日市駅
この日の183レの荷はどうやらタキ2両とかなり短めのようです。
これならばいつものポイントで綺麗に収めることができるはず・・・。

さてさてこの後がちょっと問題でした。
853号機が牽引する塩浜行の183レを優先すべきか、852号機牽引のセメント貨物を撮るべきか
ちょうど時間帯が被りますので、どちらかを撮影することとなります。
無理をすればどちらも行けなくもありませんが、二兎を追う者は一兎をも得ずとなっては
元も子もありません。
とりあえず852号機牽引のセメント貨物は、まだ何往復かあるので、ここは、183レを優先し、
天白川近くのいつも行くポイントへと移動。
普段なら撮影者もほとんど見ませんが、原色機充当となると別ですね。
この辺りでも自分の他に3人ほど、撮影にいらっしゃっていました。

時間となり、やってきました。
まずは、望遠で1枚。
DSC_1587.jpg
やりました!個人的には、かなり満足のいくモノが撮影できました。v(o゚∀゚o)v
ここでも度々、太陽が雲に隠れ、曇るんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、何とか晴れてくれました。

続いて広角でも撮影します。
DSC_1592.jpg
183レ DD51-853+タキ 関西線 四日市~塩浜

撮影後は、そそくさと移動します。
とりあえず183レの約1時間後に重単173レがありますが、こちらは当たり前ですが更新色の重連の模様。
撮影しようかと思いましたが、こちらを撮影しているとまたまたセメントの時間が迫ってきてしまいます。
なので少々、残念ですが、こちらは撮影せず、空いた時間で可動橋近辺の前から行ってみたかった
撮影地などのロケハンをすることに。

ロケハンしつつ、休憩していると5367レの時間が近づいてきたので撮影に向かいます。
一旦、富田駅の近くまで行きましたが、どうも網勘踏切以外に良い後補がありません。
その網勘踏切も原色機ともなれば先客がいるのも考えられますし、そこまで行くとなると
どうしても時間的にギリギリになってしまいます。
なので途中で折り返し、四日市駅すぐのポイントで迎え撃つことにしました。
こちらの場所も有名なとこなので、自分以外にも居るかなと思いましたが、まさかの誰も
居ない、そして来ないという結果でした。なので一人でまったりと撮影することができました。

ラジオを聴きながら待っているとやってきました。
DSC_1604.jpg
5367レ DD51-852+タキ1900 関西線 富田浜~四日市
まだこの時間だと側面まで陽が当たっていませんが、なかなか悪くない感じです。o(^▽^)o
この1本あとの6369レだと完全に順光となりますが、まだ今の時季は、陽が持つか怪しげですね。
バックの煙突の煙がいい具合に出ていて、良いアクセントとなっています。

これを撮影したらササッと移動して、返しの566便の撮影に備えます。
撮影地に着くと、今朝方、塩浜でお会いした方が2人いらっしゃいました。
3人で談笑しながら待つこと10分弱、早くも姿が見えました。

DSC_1615.jpg
566便 DD51-852+タキ1900 四日市港支線 四日市港~四日市
光線状態も悪くなく満足のいくショットが撮影できました。ヽ(≧∀≦)ノ
やっぱり黒いセメントタキを連ねた原色のDD51は、カッコいいですね。

この後、6369レまで粘ろうかと思いましたが、天気がイマイチで曇ったり晴れたりで
時たま雨までチラつく始末でした。ちょっと気力が持ちそうにないのでこれにて帰路につきました。
この日は、現役稼働中の原色機をこれでもかというくらいに堪能できた一日でした。
朝、出かける前に行こうかやめておこうか迷いましたが、出かけて正解だったなと思います。

また各所にてご一緒致しました皆様、当日は、どうもありがとうございました。
おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。
またどこかでお会いしましたらよろしくお願いいたします。
この場を借りて御礼申し上げます。

撮影日:2016年2月17日

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する