D303の気ままに撮影紀行

私「D303」が気ままに撮影した写真を公開するブログです

DD51-853 セメント貨物

こんばんは、

再びDD51原色機が牽くセメント貨物を撮影できる機会が得られましたので
四日市へと行ってきました。

2016年3月現在、愛知機関区で現役稼働中の原色のDD51は、852号機・853号機・1805号機です。
まぁ、その中でも1805号機は、ここ数日、運用に入ってないようです(^_^;)
この3機のうち、852号機と1805号機は、既にセメント運用を撮影できているのですが、
853号機の牽くセメント貨物は、まだ撮影できておりません。
せっかく852号機も1805号機も撮影できているのであれば、853号機が牽引するセメント貨物も
機会さえあれば撮影したいなと思っておりました。
運用表を見ているとちょうど2日の水曜日に853号機がセメント運用に入りそうです。
この時期ですと前日に6287レの運転があればその釜が、翌日のセメント運用に入るのが
通例のようです。夏場ですと75レを牽引した釜が、流れることもあるようですが。
前日に6287レの運転は、ないようですし、これなら853号機の可能性が濃厚です。
ただ1週間ほど前から朝夕の臨時便2往復の運転がないときがあるようです。
ということで、この日は、10時便より撮影開始となりました。
よっぽどないとは思いますが、差し替えも考えられるのでちょっと不安でした。
時間となり、踏切が鳴り、姿が見えました。
DSC_1663.jpg
良かった、差し替えもなく運用通りの様です。
まずは、望遠で一枚。
DSC_1669.jpg
563便 DD51-853+タキ1900 四日市港支線 四日市~四日市港
いやぁ、良かった~、曇られることもなくバリ順で撮影できました。

続いて引いてもう一枚。
DSC_1674_201603050913170c1.jpg

そのままサクッと移動して
DSC_1687.jpg
左:DD51-853、右:DD511+タキ1900
太平洋セメントのスイッチャーとの並びも撮影。
スイッチャーの黒煙がなかなか凄まじいですね

DSC_1689.jpg
853号機単体でもしっかりと記録します。

そしてこの後、発車まで見届けてからちょっと野暮用を済ませるため、近鉄四日市近くへ
野暮用を済ませ、5362レを撮影すべく、よく行く四日市~富田浜のカーブへ。

DSC_1720.jpg
5362レ DD51-853+タキ1900 関西線 四日市~富田浜
朝の臨時便以外、逆光なので、ちょうど通過時に曇ってくれて助かりました。
良い感じに決まって満足です。o(^▽^)o

ちなみに5282レは時間を勘違いしており、あわてて撮影しましたが、ピンボケ・・・。
やるせない結果に終わりました。

この後は、富田でDD51並びでも撮ろうかと富田駅方面へと車を走らせます。
ただこの日は、1号線も23号線も比較的スムーズに動いていましたので
このままいけば富田より先で2089レを撮影することも容易に可能と思われます。
せっかくなのでまだ行ったことのなかった朝日~富田の有名ポイントへ行ってみることに。
2089レ通過直前に、上り列車も接近しているようです。
てっきり313系かキハ75あたりだろうと思っていたら通過していったのが、まさかの臨単8970レ。
一度も見たことのない列車だったので完全にノーマークで不意をつかれました。
この日は、DE10-1723+DD51-1802でした。できれば撮りたかった・・・。
臨単8970レが通過して間もなく2089レがやってきます。
遠目にDD51同士が朝日駅付近で並んでいるのが見えました。
CSC_1737.jpg
2089レ DD51-891+コキ 関西線 朝日~富田 ※トリミング処理済
本命のカットは、架線柱の影が思いっきり入ってしまったので、一コマ前をトリミング。
こちらは、初めて来ましたが、富田駅からも割と近いですし、なかなか良いところですね。
次もまた訪れたいと思える場所ですね。

撮影後は、富田駅停車を利用して四日市へと先回りします。
CSC_1745.jpg
2089レ DD51-891+コキ 関西線 富田浜~四日市 ※トリミング処理済
残念ながら曇ってしまいましたが、晴れても側面は潰れてしまうので悪くはないですね。

セメント便を撮影するために四日市港へとササッと移動します。
DSC_1750.jpg
565便 DD51-853+タキ1900 四日市港支線 四日市~四日市港
どこで撮ろうか迷った結果、可動橋を渡る列車を横からとらえます。

機回し線の方へ間に合いそうなので、ちゃちゃっと移動して、朝とほぼ同じ構図で。
CSC_1757.jpg
今度は、若干、ローアングルで撮影。
やはり昼からは、側面まで陽があたりませんね。
まさか、こちら側へ間に合うとは思わなかったので、撮れただけラッキーでした。
朝と同じように出発まで見届けてから四日市駅方面へ。
ふと79レに間に合いそうなのを思い出し、四日市駅近くで撮影することに。
既に5人ほどの方が、スタンバイしてみえました。
それにしても人が多いなと運用表を見てみると今日の79レは、旋回窓の1146号機が先頭とか。

DSC_1786.jpg
79レ DD51-1146+1801+タキ 関西線 富田浜~四日市
若干、アンダーではありますが、何とか撮影。
1146号機は、これが初撮影ですね。地味に79レ自体もこちらで撮影したのは初ですね。

そして約10分後に5364レが四日市を出発するのでそちらも引き続き撮影します。
DSC_1803.jpg
5364レ DD51-853+タキ1900 関西線 四日市~富田浜
こちら側は晴れると逆光ですが、曇ってくれたのでいい感じに撮影できました。
これだけ迫力のある写真が撮れればもう満足です。
正直、これで帰っても良いなとか本気で思いました。
しかし、欲というのは尽きないものでこの後ももちろん撮影続行。
曇ってしまっているので、網勘踏切へ行くのは、やめて単173レを撮影するために塩浜方面へ
通過の10分ほど前からちょうど晴れてきて、何とかこちらは、順光で撮れそうです。

DSC_1815.jpg
単173レ DD51-1146+1801 関西線 四日市~塩浜
重単とはいえ順光で撮影できてよかったです。
本来ならば後ろの1801号機と同様の塗装のはずなんですが、色褪せが酷くまるで別物ですね。
旋回窓に三つ葉型のファン回転標識、愛知区独特のATS保護板、中々、個性的な釜ですね。

更に引きつけてもう一枚。
DSC_1818.jpg
やはり旋回窓というのは、目立ちますね。違和感を覚えます。

再び四日市駅へと戻り、今度は、5367レを待ち構えます。
CSC_1827.jpg
5367レ DD51-853+タキ1900 関西線 富田浜~四日市 ※トリミング処理済
曇っているのは、相も変わらず。左がスカってしまったので若干、トリミング。
まぁ、それなりに無難な感じで撮影できました。
結局、この日、順光で撮影できたのは、朝の便だけ・・・。

この後は、ちょっと疲れたので休憩タイム。
1時間ほど休憩していると天気も大分、回復して雲も殆どなくなってきました。
せっかくなので富田~朝日のポイントで75レを撮影してみようかなと思い移動します。
撮影地に着くとまだ通過1時間前ですが、既にお一人、構えていらっしゃいました。
挨拶し、談笑しながら通過の時を待ちます。
運用通りならば、今朝の5282レで戻っていった更新色重連が牽引してくるはずでした。
しかし、途中から来られた方の情報によれば、まさかの852号機単機牽引とのこと。
75レは、ちょいちょい単機牽引になることもありますが、半信半疑で待っているとやってきました。

DSC_1844_20160305091808b55.jpg
75レ DD51-852+タキ 関西線 朝日~富田
陽が何とかギリギリもったって感じでかなり暗めですが、撮影できました。
やりました!情報通り852号機牽引です。v(o゚∀゚o)v
まさか852号機を撮影できるとは思っていなかったのでこれは、ラッキーでした。
通過数分後には、太陽も隠れてしまい日没となりましたので、これにて撤収しました。
帰りは1号線経由で、地元へ。途中、対向車線にランボルギーニを発見。
これまたラッキーでした。色々と大満足で帰路につきました。

撮影日:2016年3月2日
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する